バッハの音楽でピアノ練習に大切なこと。

DSCF5660

バッハの音楽をピアノ練習に大切なこと。

「シンフォニア第10番 BWV796 G dur」Music by J.S.Bach

こんにちは。

北九州市内で唯一の、2歳から絶対音感が学べる八幡西区紅梅のピアノ教室・

ぴあのカンパネルラの田島亮子です。

バッハの音楽をピアノ演奏するのに大事なことは

すでにインベンション(2声)を練習し終わった人には当たり前のことと

思われるかもしれませんが

バッハらしい演奏だね!

と感じられる弾き方にはコツがあります^^

ノンレガートが身についていること

四分音符の連続・カデンツァの部分には

ノンレガートで弾く場面が多く見られますよね。

レガートで弾いてしまうと

「あれ?今弾いていたのはバッハの曲だったの??」と言われるかもしれません。

どの声部のテーマも独立して最後のまで聞こえること

他の年代の作曲家と大きく違うのは

3声・4声・5声になると特に難解になる

どの声部のテーマも独立して最後まで聞こえる(歌える)ことです。

反進行だったり3度だったり

様々な形となって現れるテーマをいかに独立して伝えられるかを

練習する必要があります。

子供さんの初心者だけでなく

ツェルニーやバッハ・ソナタ

またヤマハグレード受験希望者へのピアノレッスンも行います。

楽譜の解釈・タッチなど

踏み込んだ深い内容のピアノレッスンにも対応いたします。

お問い合わせは下記・または

080-4314-5112(たじまりょうこ)

平日・土曜日10時〜18時まで

★現在のところ火曜日・木曜日・土曜日で新規生徒さんを募集中です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご住所 (必須)

お電話番号 (必須)

ピアノの有無 (必須)

メッセージ本文  (必須)